FC2ブログ

実に6年ぶりに

更新しました。

『イセリア英雄戦記』ページの「イセリア美食列伝』シリーズに、「セリーヌのソーセージ」と「アリオナのクッキー」を掲載しています。

「セリーヌのソーセージ」は、公式サイトにも掲載いただいたもの。
「アリオナのクッキー」は、構想自体はずっと初めの方からあったものの、
本誌連載が終了し、公式企画としておそらく完全に終了してからようやく書きあがったものです。
書き上げてから、もう一年以上は経っているかと思います。ようやく初公開できました。

今は、クレオラ王子ジュダのショタ逆レイプ調教ものを書いています。
こちらももう、何年がかりだという感じで、時間を見ては書いているのですが、未だに出来上がりません。
いい加減に完成させ、晴れて掲載してやりたいものです。

他にも、「熱砂の乳虐」の続編、補完的なエルス調教物や、
本編では詳細が語られなかったドーラが淫祀邪教に受けた調教の妄想補完もの。
スレア=エタームによるアリオナ、エルスのふたなり調教ものなどを構想中です。

そんな感じで、自分のペースで楽しんで書いていきたいと思います。


気づけば丸一年以上も

放置してしまっていましたね。

実生活の忙しさが年々増していて、時間がとれないというのもありますが、
投稿サイトの集約化・有名化が進む昨今、このような個人サイトで発表することは
「読んでもらう」ためには極めて非効率的と言わざるを得ず、
そのためモチベーションを失ってしまっていた、というのも否めませんでした。

気づけば、あれほど愛好していた二次元ドリームノベルズ関連に限らず、
オタク的な趣味全般から縁遠くなり、たまに覗いてみると、すっかり浦島太郎気分です。

気恥ずかしくて、はっきり表明したことは無かったかと思いますが、
かつてはプロの小説家になりたい、プロの小説家として生き、書いていきたいとかなり真剣に思っていました。
同じ読者投稿小説への投稿者ということから、
SNS等で仲良くさせてもらっていた水雲風さんやぽいぽいさんがデビューされているのを見ると、
嬉しさと共にいくらかの羨ましさと寂しさ、置いて行かれてしまったなぁ、という気分が込み上げます。

おそらく、真剣に小説家を目指すことはもうないでしょうし、したくてもできないと思います。

ただ、それは現在、実生活が非常に充実しているためであり、悲壮なものでは全くありません。
なので、これからは趣味として、気楽に小説を書いて楽しんでいこう、ととても前向きな気持ちです。
完全に個人的な趣味なので、誰かに読んでもらいたいという強い希求ももはやなく、
誰に知られることもない個人サイトで発表していくことにも何も問題はありません。

これからは、
結局、連載中には書こうとして書き上げられなかった『イセリア英雄戦記』のネタや、
個人的に強く思い入れのあるエロゲ―の二次創作などを、時間と気が向いたときに書いて、
できあがったら、発表していく形で、趣味を続けていこうと思っています。
多くても年に1回か、2回ぐらいになるかな、と。
もし誰かご覧になっている方がいらっしゃいましたら、誠にありがとうございます。

久しぶりに

小説を書き上げることが出来ました。

『イセリア英雄戦記』ものです。
最終回を迎えて長いですが、まだ公式サイトは続いているようなので、投稿してみました。
読者投稿の更新は、3月が最後になっていますが、はてさて。
掲載して頂けるといいのですが。

また時間が取れた時に、こちらでもアップするつもりです。
何年ぶりかの更新になりますね(汗)。

イセリア英雄戦記、最終回……

だったんですね……ちょっとまた忙しくしていて、最近まで全く知りませんでした。
執筆を担当された各先生方、そして、イラストの牡丹先生、本当にお疲れ様でした。
長い間、本当に楽しませていただきました。

とてもショックです。
メイベルローゼ様……!


でも、公式には終わってしまっても、
私の心の中ではメイベルローゼ様は喘ぎ生き続けます!

『新妻・遥子のある日』

「じゃあ、行ってくるよ」
「いってらっしゃい。あなた」
 互いへの愛情に満ちた言葉を交わし、そして、口づけを交わす。唇は、軽く、けれど、心は強く触れ合わせるキスだった。
 唇が離れても、夫はしばらく、名残り惜しそうに最愛の妻を見つめていたが、ようやく未練を断ち切ると、今日は早く帰れると告げ、家を出る。妻は、夕食に彼の好物を用意して待っていると応え、最愛の夫を送り出した。
 絵に描いたような、幸せな新婚夫婦の朝。ドアが閉まり、その至福の時間が終わると、妻――三枝遥子には、地獄の時間が始まる。
 込み上げる感情を、下唇とともに噛んで堪え、新妻は脱衣所へと飛び込んだ。彼女らしくもない乱雑な動作で、一気に衣服を脱ぎ払い全裸になる。バスルームに入りシャワーのコックを捻ると、噴き出した水流が温まるのも待たず、生まれたままの自身に浴びせた。
 ――二十四歳の肢体は、若さと成熟を兼ね備えていた。新雪のように白い裸身、瑞々しい肌は、挑みかかる飛沫を次々と弾き、きらめく。輝くうなじから、すべらかな背筋、くびれきった蜂腰から急角度で隆起する張り詰めた双臀は、優艶なS字ラインを描いていた。そして何よりも、その乳房。豊かな膨らみは、九十七センチのIカップという暴力的な数字が、それでもなお足りないのではないかと思わされる程である。今、シャワーの湯とシャボンに塗れたそれは、撫で擦ってくる持ち主の手指を旺盛な弾力で押し返していた――。
 寝汗と、昨夜の夫婦の行為の痕を手早く洗い落とすと、遥子は濡れた体を拭うのもそこそこに、バスタオルを巻き髪を乾かす。長い、豊かな黒髪が、ドライヤーの熱風にたなびき、星屑を散らした。七割方乾いたところでブローを止め、化粧に移る。努めて何も考えないようにしながら。それでも、最後の口紅では手が震え出し、三回もやり直してようやく、どうにか及第点の出来にはなった。
 香水を付ける。そして、夫には決して見つからないように隠してある下着を取り出し、身を投げるような気持ちでバスタオルを脱ぎ落とし、毒を呷る心地を味わいながら、下着に脚を、腕を通し、大切なところを包む、包もうと、する。赤と黒の下着は、新妻の大切なところを、包んでは、くれない。
 ちょうどそれらの部分の布地だけが、ハート型に刳り抜かれ、欠落していた。双球の大きさに比べて、あまりに小さく、儚く、可憐な薄桃色の先端は。上品な淡い叢に飾られ、小高い土手に息づいた清楚な花弁は。その周辺を覆われたことで、返って縊り出すが如く浮彫にされ、晒し者にされていた。
 どうにか準備をやり遂げると、遥子は玄関のドアの前に正座し、待った。数分後、施錠を許されていないドアはチャイムもノックもなく開かれ、新妻は、三つ指ついて、夫ではない男を迎えた。歳は三十後半だろう。短く刈り込んだ髪に浅黒い肌、ガッチリした長身。
 一目で真っ当な筋の人間ではないとわかる雰囲気を漂わせた強面であった。
 額を、床に擦りつけ。口上を述べる。
「っ……ぃ、いらっしゃいませ……ようこそ、お越し、下さいました。遥子、とても、う、嬉しい、ですっ……今日も、遥子を……たくさん、可愛がって、下さい、ませ……っ」
 男は、下卑た笑みを浮かべ、跪いた遥子をしばらく見下ろした後、やがて彼女に立ち上がるよう命じると、いきなりその唇を奪った。
 舌を入れ、絡め、引き込み、唾液を吸い、注いではまた啜り上げる、貪るようなキスを強いりながら、新妻の肢体を弄ぶ。豊満な乳房をカップごと力任せに揉みしだき、深い谷間にTバックを喰い込ませた双丘を撫で回す。そうして貞淑な新妻が、哀しい女の性を点火させられたのを見て取ると、彼女の肩を抱き、リビングへと連れ込む。
 ソファに座らせ、大きく脚を開かせると、まずは指で。新妻の貞操を蹂躙する。ハート型に飾られた秘唇を、武骨な男の指は乱暴に、しかし驚くほど的確に掘削し、“手マン”で、何度も夫を裏切らせた。次は舌で。卑猥な水音が、高級マンションの一室に永く響き、鳴り止んだ後には、息も絶え絶えに雌をわからされた人妻が残されていた。そして、まるで熱愛の最中にある恋人同士のように、お姫様だっこでベッドルームへと運ばれたら、本番――三週間前。宅配を装ったこの男に、遥子は夫以外の男を教えられてしまった。お約束通り、その記録で言いなりにされて、新妻はそれから夫が仕事の日は毎日、つまり週休二日で、男の慰み者にされていた。それは夫の出勤直後から帰宅直前まで続くのである。
 今日もまた、様々に体位を変えて犯され、合い間には指や舌、さらには卑猥なオモチャまで使った愛撫を交え、昼まで責め貫かれた。エプロン一枚で、途中一発、精を注がれながら手料理を振る舞い、給仕をさせられた後、遥子はまた、日が沈むまで貪られるのだった。
プロフィール

田磨香

Author:田磨香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード