FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『聖徒会長ヒカル』プレイ感想日記<17> ~終~

長かったこのプレイ感想日記もいよいよ最後。
残りのシーンとエンドについて、感想を書いていきたいと思います。

○序盤「ヒカル捕縛」
敗北したヒロインがカプセルに囚われ、おぞましい改造を施される一番最初のシーンですね。
まずは妖魔に楯突いたお仕置きとばかりにクリトリス、次いで尿口を電撃責めされるヒカル。
下拵えを終えると、メインヒロインであるヒカルに架せられたテーマ・孕ませのために、生殖器官を改造されます。
毎日十個もの卵子を排卵するように改造するという狂気。堪りませんね。
さらに、バルムスの趣味で割礼され剥き出しになったクリトリスに、所有物であるかのようにバルムスの名を隠し彫りされるという屈辱刑。
大転落の始まりです。

○中盤調教
「ボディペイント」
ヒカル・セイラ・ユキ、ヒロイン三人総出演のシーンです。
全裸に体操服のボディペイントを描かれたヒカルたちは、ミニバンで繁華街に下ろされます。
約2km離れた学園の体育倉庫に無事たどり着ければ、ショウを解放すると言われては、乗るしかありません。
膣内に咥えこまされた淫虫の責めに耐えながら、健気に学園を目指す三人。
行きかう人々の訝しむ視線に、激しい羞恥がこみあげます。
悪辣なことに、時間とともに次第に禿げていく仕掛けのボディペイント。
ユキとセイラは校門前で脱落しますが、ヒカルはなんとか学園に到着……
残念! そこは琴音先生だ!!
なんと、今から全校集会だから、ほとんど全裸なその格好のまま、スピーチしろというのです!(笑)
哀れ朝礼台に立たされたヒカルは、全校生徒の前でたっぷりと恥をかかされるのでした。
――なんというか、もう琴音先生が出てくるだけで吹きます(笑)。

「ヒカルとセイラW調教」
密かに筑摩先生の得手ではないかと睨んでいる、ふたなりとヒロイン責めの合わせ技です。
ふたなり化されたヒカルは、理性を狂わされた親友・セイラに犯されます。
フェラだけで何十回と抜かれた上に、サキュバス化したセイラに跨られ、逆レイプ(?)で攻め抜かれるヒカル。
責め手が親友ということもあって、心の防壁を張ることもままならず嬲られるヒカルが秀逸です。

「ヒカルとユキW調教」
こちらは黒沼親子の競演でもある、ヒカルとユキの同時調教。
昭三が所有するアングラショークラブに出演させられた二人は、それぞれ黒沼親子の婚約者として紹介されます。
クリトリスリングを嵌められた股間を自らの手で押し広げ、隷属の言葉を口にする二人。
さらに、それぞれの重点調教ポイント――ユキは母乳が出る爆乳、ヒカルは性感帯にされた尿道――を、観客たちに周知されるという恥辱。
そしてここからが本番。二人は向き合った形で拘束されます。
家畜のように搾乳機にかけられ、搾り取られたユキの母乳を、ヒカルの尿道に流し込むという非道。
そのまま、U字型の双頭バイブで繋がれた二人は、黒沼親子にアナルファックされ……!
いやぁ、ひどいひどい(笑)。徹底してますね。
ボロボロになるまで責め抜かれた二人が力なく抱き合う……終わり方の余韻がすごくいいシーンでした。
そしてずっと気になっていたことが、このシーンでついに明らかになりました。
改造と調教による肥大化後のユキお嬢様のおっぱいは、100センチのJカップ!
100センチのJカップだそうですよ!!

○エンド
「3人腹ボテエンド」
エンド条件は、セイラの中盤調教を9回、ユキの中盤調教を6回こなし、かつヒカルの「肉便器」を見ることです。

すっかり堕ちきった三人は、ひたすら子種を注がれ続ける毎日を過ごしています。
朝。校門前に敷かれたブルーシートの上で、学外の人へと提供されるのがすっかり日課となったヒカルたち。
ヒカルには老人、ユキには浮浪者、セイラには中年男と、固定ファンまでついている有様です。
有象無象の男たちと、夢中でまぐわい、狂喜して膣内射精を受ける三人。
子宮を改造された退魔少女たちは、ひたすらにまぐわい、妖魔の子を産み続ける日々を過ごすのでした。

「公開出産エンド」
エンド条件は、「美術調教」「ヒカルとセイラW調教」「ヒカルとユキW調教」を見ていること。
複数のエンド条件を満たしている場合、優先度は一番低いので、その点に注意が必要です。

三人の最後の反撃が潰えてから一ヵ月後。
ようやく事態を把握した国の対妖魔部隊が学園へとやってきます。
しかし、この人たち、本当にへたれです(笑)。
なんでも、ヒカルたち三人が最高戦力であり、彼女たちが敗れては根本から瓦解したも同然だとか。
突入する前から諦め気味のうえ、堂々と姿を現した黒沼=バルムスにビビリまくります。
動揺する彼らの前に、逆さX字磔にされたヒカルを引きずり出すバルムス。
妖魔の卵を産み付けられたヒカルの腹は、臨月のようにパンパンに膨らんでいます。
同じように卵を産み付けられ、こちらはすっかり堕ちきったセイラとユキも登場。
触手によって母乳を吸われ、肛門を嬲られた後、対妖魔部隊の皆さんに見守られながら、お腹の子をひりだすヒカル……。
本当に可哀想なんですが、清々しいほどにダメダメな対妖魔部隊のせいで、なんだか笑えてしまいます。
バルムスに攻撃を加えることもなく、ヒカルに劣情の視線を向け、侮蔑の言葉を浴びせるという屑っぷり……。
税金泥棒と石を投げつけ、その特等席を譲れと言いたい!(笑)

「人類奴隷エンド」
条件は、セイラとユキの中盤調教を、どちらも7回以上見ることです。

題名のショッキングさが示すとおり、最も壮絶なエンドかもしれません。
噂の、アナスタシア学園長がそれはもうスンゴイ堕ちっぷりを披露してくれるシーンです。
肉椅子に分娩ポーズで拘束された、ボテ腹の三人。
ヒカルは「01」、セイラは「02」、ユキは「03」と、額・臍の下・左の内腿に、それぞれナンバリングされています。
未だにヒカルだけは希望を持ち続けていましたが、そんな彼女に突きつけられたのは、ヴェゼルによって堕ちきったアナスタシア――!!
従順な奴隷となったアナスタシアに責められ、さらなる子宮改造を施されて、ついにヒカルも陥落です。
……いや、見直しましたよ、ヴェゼル様!
妖魔王(笑)とか、黒沼とラブラブエンドなどでは散々馬鹿にしましたが、ホントすいませんでした!(笑)
まあ、オチでやっぱり妖魔王(笑)となりましたけどね!




本当に素晴らしい出来で、最高に楽しめました。
お布施を兼ねて、三本購入した自分の目に狂いはなかった……!
アブノーマルすぎる、ハードすぎるというので万人向けではないかもしれませんが、自信をもってオススメできるクオリティです。
一番のお目当てだったセイラは期待通りの仕上がり。
メインヒロインのヒカルは、実に健気な抵抗を見せて嗜虐欲を駆り立ててくれました。
シーンを見るたび好感度が上がり、もっともっといじめてあげたくなります。
また、実際にプレイしたことで最も評価が上がったのはユキですね。
また、アナスタシアはわずか1シーンながら強烈なインパクトでした。
描かれていない調教過程の補完が要望されるのもわかります。凄かった!
そして、琴音先生(笑)。裏MVPといっていいでしょう。
調教役の中でも一番の働きぶり。まるでヴェゼルがニートのようでした。
味方のときはひたすら足を引っ張り、敵になると無双する、ヒカルたちにとっては迷惑極まりないお人でした。
大満足です。
一つ気がかりなのは……果たして、続編にあたる作品を作ることができるのかどうか?
こんな傑作に出会ってしまうと、一日も早く忌まわしい規制が解かれることを、切に願わざるをえません。

テーマ : 18禁・美少女ゲーム
ジャンル : アダルト

プロフィール

田磨香

Author:田磨香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。