FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『VORACIOUS ANECDOTE』感想

サークル「黒イ都」さん――そう、黒井弘騎先生ご本人による『聖天使ユミエル』の同人誌です。
内容は、ユミエルの母・マリエルをヒロインに、“丸呑み姦”をフューチャーした小説となっています。
DL販売ページ

食虫植物型の女影魔、「ネペンテスエクリプス」の罠に嵌ったマリエルが、
変身前の真理のまま、濃厚なレズ触手愛撫を受けたのち“丸呑み”にされ、
エクリプスの体内という絶望的な閉鎖環境での肉責、そして――というストーリーです。

あとがきで「趣味全開」と述べられている通り、
フェチズムとリビドーが凝縮された力作となっています。

まず、負け方からして秀逸です。
悠美との触れ合いによって生まれた慈愛の心が裏目に出て、罠に嵌る、という。

いいですよね。
こういう、掲げた正義や、高潔な善意といった美徳が、
敵の手で「ただの間抜け」という結果を与えられ、貶められる――堪りませんな!

責め役が女影魔というのも、私のようなレズスキーには実に御馳走様です。
同性同士の心得た愛撫、というのが実に巧みに描かれていて、大変美味しゅうございました。

中でも、触手で太ももをスマタするように責められるくだりでの、
「同性同士で太ももを絡み合わせるかのような」という比喩が素晴らしいです。
触手に、むっちりとした女の太もものイメージが重なり、さらにそれが触手であることによって、
テラテラと粘液に濡れ光った女の脚の映像が呼び起されるという合わせ鏡のような相乗効果。

メインシチュエーションである“丸呑み姦”へと移行する流れも実に良く。
最初にエクリプスに奪われ、その体内へと呑みこまれた変身アイテムを取り戻すため、
逆転を賭けて、女影魔を挑発し、マリエルの側から誘導するのです。
百戦錬磨の戦士であるヒロインの強さが見事に描き出されています。

そして、そうして一度ヒロインの強さを謳い上げておいてから、それを貶める
というこの黄金コンボですよ。

なんとか取り戻した変身アイテム、そして待望の光臨(ブレイク・ドゥーン)!

……ところが、長時間エクリプスの体内に呑みこまれていたロザリオは、
すでに影魔の邪気に蝕まれ、その聖なる力を失っており。
光臨したのは最強の天使ではなく、ただのコスプレ熟女。

うーん、イイ! イイですな!
この、ヒロインに感情移入してみると極めてシリアスで悲劇的でありながら、
一歩引いて覚めた目で見てみると、なんともお間抜けで滑稽という、この感じ!!
性的なものに留まらぬ、ヒロインの存在そのものへの、アイデンティティへの陵辱です。

こうしてすべての希望を失った哀れなヒロインに、止めの責めが畳み掛けられます。
これ以上は無い閉鎖環境、極限的な監禁状態である“丸呑み姦”全開。
怒涛の肉部屋、触手、粘液責めです。

中でも白眉は、聖気を奪われてコスチュームが縮む、というギミックでしょう。
全身クリトリスなまでに鋭敏になった熟れた肢体は、
縮んだコスチュームの締め付けだけで激悦に悶えてしまいます。
変身ヒロインの象徴たるコスチュームが、浅ましい性玩具と堕すこのシチュエーション。
悲憤するマリエルの心情が丁寧に描写されていて、えげつないことこの上ないです!

最愛の娘、ユミエルこと悠美に助けを求める最後も、正にこれしかないという着地。
また、マリエルママン最大のストロングポイントであるおっぱい
全編を通じて執拗なまでにフューチャーされており、もうおっぱいおっぱい
母乳ビュッビュッミルクチューチューばいんばいんけしからんことになっていました

また、「趣味全開」ということでは挿絵担当・竜胆先生の性癖にも合致していると見受けられ、
美麗かつリビドーの籠ったエロエロな挿絵も必見です。
DL版では、その挿絵がフルカラーになっているとのことで、
実物としての本にこだわらない方には、電子書籍での購入をオススメします。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

田磨香

Author:田磨香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。