FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠山観光案内・号外「丹波篠山・まちなみアートフェスティバル2014」

9月13~15日と、18~23日にかけて、
「町屋が美術館に変わる 丹波篠山・まちなみアートフェスティバル2014」
が催されています。



篠山の代表的な観光スポットである河原町妻入商家群とその周辺の町屋で、
篠山にゆかりのあるアーティストの作品を展示し、イベントタイトルのとおり、
町をそのまま美術館にしよう、という試みです。

実際に展示を見てきた感想としては、「うーん。なるほど! わからん!」です(笑)。
陶器をはじめとした伝統工芸あり、現代アートありとバラエティに富んでいるのですが、
どちらも素養が無く、また頭でっかちで感性に任せられない私にはちょっと難しかったです。

ただ、伝統的な建物群と、伝統工芸の調和&現代アートのコントラストは、
非常にいいコンセプトだと思いました。

しかし、「2014」と銘打たれているということは、毎年恒例のイベントにしていく計画なのでしょうか。
第1回ということもあり、今回はいろいろと、改善すべき点が見受けられました。

まず、イベント会場となっている町屋郡の細い道に、普通に車が通行可能なのはどうかと。
開催中ぐらい、歩行者天国に出来ないものでしょうか。

また、どうにも入り辛い、居辛い展示会場が多かったです。
観光の対象になるような古い建物とはいえ、現役の町屋なわけで。
お店をされているところ、特に喫茶店などだと、
見るだけで出てしまっていいのかな、と思ってしまいます。

それと、常駐されている係の方の応対。
特に態度が悪いとかでは全くないのですが、これらのスタッフさんの努力によって、
入り易い、オープンな印象の演出が必要だと感じました。

あんまり積極的に呼び込みをされてもかえって尻込みしてしまいますし、
熱心そうな方だと、ちょっと見てすぐ出て行くのは気が引けてしまいますし。
そうかといって無関心そうにしているのも態度が悪いように見えるでしょうし……。

具体的な方法論が示せないので申し訳ないですが、
なんとかこう、スッと入り込める雰囲気を作り出して頂きたいなと。


さて。いろいろと苦言を呈してしまいましたが、
篠山の代表的な観光スポットである河原町妻入商家群に、
さらなるプラスアルファが加わり、とってもお得な感じですので、
よろしければぜひ、我が町篠山にお越しくださいませ。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

田磨香

Author:田磨香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。