FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『聖戦姫ヴァルキュア・シスターズ ~淫闇に堕ちたアイドル~』感想(中編)

メインヒロインの二人、奈月と朝日のエッチシーンについてです。

○ヴァルキュア・ムーン/桜井奈月
・ベンガー・ツアンツァ
伊達直人ことタイガーマスク……ならぬ、ベンガー・ツアンツァによる処女陵辱です。
水属性である彼女の弱点、炎を操るベンガーによって、熱気に苛まれながら純潔を奪われます。
早くからサンプルとして公開されている、ガッツリ対面座位での怪人レイプですね。
ラブラブエッチの代名詞的な対面座位で強姦というのは、実にいいものです。
逞しい胸板に雄を感じて、嫌なはずなのに雌が疼いちゃう! な感じで。
しかし、ベンガーさんの炎は半端ない熱さなので、ぶっちゃけ弱点とかいう問題じゃない気がします(笑)。

・初体験
主人公の助言もあって辛くもベンガーを撃退したものの、エナジー不足による発情に苦しむ奈月。
いきなり抱いてやってと言われて困惑する主人公ですが、高貴な奈月お姉ちゃんはオールオッケー勇者様かもーん状態。
最低限だけ紳士ぶったしもういいよね? とばかりに極上の据え膳にありつくマサキさんなのでした。

・パイズリ
続いては、デートの流れで乗った観覧車の中でのパイズリ。
なぜにそこでパイズリを要求するのか、なぜに素直に従うのか。
そんなお似合いカップルですが、あとの展開へと絶妙につながら秀逸なシーンです。
その前の、指輪を買ってあげたことも合わせて。

・触手によるエナジー吸引
ルーティアママンから産まれた異父姉弟である怪人シリーズ第一号、
パンター・ツアンツァの圧倒的な力に成す術なくやられてしまうヴァルキュア・シスターズ。
禁忌的なおぞましさに絶望感、リョナ要素も交えたいい敗北シーンです。
城に連れ去る前に抵抗できないようにしときましょう、と触手でエナジー吸引されちゃいます。

先ほどのパイズリで乳房に精液を浴びたため、胸に溜まったエナジーを両乳首からチューチュー。
さらには膣にも潜り込まれ、子宮に残る主人公の精液ごとエナジーを吸い尽くされます。
「勇者様に愛していただいた証がっ……」と煩悶しながら力を奪われる奈月の被虐美が堪りません。
ヴァルキュアのコスチュームが順番に消失していくのも素晴らしいです。

・X字磔での洗脳陵辱①
前項からの続きで、目が覚めると敵のアジトでX字磔にされていた奈月。
洗脳マシーンにかけられんがらレイドルフに犯され、寝ている間に再生されていた処女膜を破られます。
ありえざる二度目のロストバージンを、憎き敵の手――じゃなかったチンポで!
さっきの精液&エナジー吸引ともコンボして、主人公との関係を無理やり上書きする残酷な責めでした。

・X字磔での洗脳陵辱②
そんな目に会いながらも、強靭な精神力で一瞬の隙を突き、自力で脱出してきた奈月――と思わせて。
刻みつけられていた暗示によって、夜な夜な周囲の目を盗んでは敵基地へと洗脳調教されに通っていました。
このどんでん返し的な経緯がスパイスとなって、非常にエロいです。
レイドルフのモノを再現した触手ペニスで膣孔を躾けられながら、
乳首を淫らに変えてしまう薬液を注射されつつ、洗脳マシーンに侵食されていく奈月でした。

・偽りの純愛ハードファック
そんなことになっているとは露知らぬ能天気な主人公、マサキくん。
どんどん積極的になる奈月に、俺の手柄かと浮かれる彼の間抜けさが実にいいです。
激しく求めてくる奈月に有頂天で溺れるマサキですが、彼女はレイドルフによる命令を忠実に実行しているだけ。
寝取り男の掌の上で、我のみ知らず踊り浮かれる滑稽さ。和姦でありながら和姦ではない、これこそ正にNTR。

・X字磔での洗脳陵辱③
いよいよ洗脳が進み、主人公陣営全員の目の前で、レイドルフへの忠誠を宣言する奈月。
彼との濃厚なディープキスを見せつけ、一緒に敵のアジトへと去っていきます。
このキスがエロい! 蕩けた表情で舌を絡める奈月のカットイン絵が素晴らしいエロさです。

そして帰還直後のアジトで、仕上げの洗脳調教が施されます。
全裸でX字磔にされた奈月に、トドメのファックを叩き込むレイドルフ。
エナジーが闇へと染まり、コウモリを思わせるデザインの過激なブラとショーツが顕現し、
奈月は悪の女幹部、「人の狂気を照らす月」ダークムーンへと生まれ変わるのでした。
このエロティックな下着が、レイドルフの命令なしでは脱げないというのが激しく私のツボです。
「女に自分好みの服を着せる」というのは、征服欲が溢れるほどに満たされます。

・ダークムーン①
ウルフ・ツアンツァ撃破後、アナスタシアが作り出した闇の力を抑える空間で二人っきりに。
洗脳を解くチャンスですが、問答無用のビンタ一閃。仰向けに張り倒されて足コキされながらの寝取られ告白タイムです。
「ヴァルキュアとして戦わせるために、騙して処女を奪った卑劣な強姦魔」と主人公を罵るダークムーン。
「処女膜を再生して抱いてくれたレイドルフ様のおかげで、そんな悲惨な初体験を塗りつぶすことが出来た」とまで。
かなり高貴な経緯とはいえ、確かに愛し合ったはずの思い出を捻じ曲げられ、レイドルフに心酔するよう洗脳されていたのです。

もちろん、レイドルフに染められているのは、心だけではありません。体もです。
「毎日、朝から晩まで抱いてくださる」という言葉を証明するかのように、開陳された秘部はその姿を変えていました。
マサキの知るそれとは明らかに違う、淫らな発達を遂げたラヴィアとクリトリス。
愛液の分泌量も増え、匂いもいやらしく変わったと楽しそうに歌う変わり果てた奈月……!

さらには短小、早漏、レイドルフ様と比べたらまるでダメ。
挙句に、あなたのチンポなんて蚊に刺されたほども感じなかったわと雄のプライドをズタズタにされて。
それなのに足コキが気持ち良すぎて無様に射精させられてしまう情けない主人公。
第一ラウンドは完敗に終わるのでした。

・ダークムーン②
ムービー・ツアンツァ撃破後、再びアナスタシアがチャンスをくれます。
今度はさっさと四つん這いになりお尻を、その中心でいやらしくひくつくアナルを見せつけてくるダークムーン。
マサキはほとんど触れたこともなかったアナルを、レイドルフにはやられまくっていると言います。
別の男にバージンを捧げ、毎日可愛がられて、すっかり開発されたという恋人のはずの美少女の尻穴。
嫉妬に駆られた主人公は挑発されるがままアナルに突っ込み、惨めさと気持ちよさに悶えることに。

「アナル用の肉バイブぐらいにはしてやってもいい」、さらには「レイドルフ様に比べたら全然ね」。
他の男と比較されてコキ下ろされることほど男のプライドが傷つくことはありません。
半ばキレて、スパンキングを加えながら突きまくるもまるで相手にされず、いよいよみっともなさも極まった主人公。

「あ~こりゃもうダメだわ」「こいつがダメだわ」「ていうか自分と朝日のことは棚に上げてお前……」
などと思っていると、みんなのアナスタシアちゃんから助け舟が!
そうですよ、大事なのは愛! 愛ですよ! 他の男にアナルを頂かれた嫉妬に狂ってちゃいけません。
自分は自分で彼女の妹のアナルを開発したり処女食ったりしてましたが、そんなことは気にしていないように!
チンポに込めた愛する想いを、ケツマンコへのピストンに乗せて届けましょう!
するとホラッ、洗脳が解け……ましたがリュードミラさん乱入で惜しくも逃げられてしまうのでした。

・ダークムーン③
ダークムーン撃破後、三度。ということで、ついに決着します。
対面座位で、今度こそチンポとマンコを突き合わせてのレイドルフとのスケコマシ勝負です。
ダークムーンの方からずっぽり咥え込まれ、自分が知るものとは全く違うその感触に愕然とする主人公。
温泉で息抜き、妹とアナの3Pで精も抜き……とのんびりしていた間に、当然ですが調教されまくってます。

二倍ほどに肥大化し、メスチンポとでも言うべき佇まいのクリトリス。
使いこまれたラヴィアは花開き、媚粘膜は蚯蚓千匹どころか百万匹の味わい。
あまつさえ、真珠を埋めこみ、括約筋にステロイドを打って締まりを良くする「改造」まで施されていました。
もはや彼女の膣はレイドルフのための特製極上肉オナホといった様相です。
カリに当たる部分や入口の周りに埋めこまれた真珠の威力は凄まじく、成す術もなく搾り取られていくマサキ。

このまま干乾びるまで搾られ、本当にヤリ殺されると思ったその時、またもみんなのアナちゃんからアドバイス!
愛、やっぱり愛ですよ。例え彼女が他の男にどんなことをされていたとしても、愛しているなら丸ごと包み込めるはず!
間男への嫉妬を捨て去り、ただ彼女だけを見てイケ、イクんだ! ヤレ、ヤルんだマサキ!
レイドルフの精液漬けにされた雌の臭いのプンプンする真珠埋めこみ改造済みエロエロヤリマンコに!
チンポという名の真心を突きこみ、精液という名の愛をぶちまけるんだーッ!!

……そんなわけで無事に洗脳を解き、ヴァルキュア・ムーンこと桜井奈月を取り戻したのでした。
色々とツッコミどころの多いダメ男なマサキ君ですが、このあたりは本当に(ある意味)凄いと思いました。

・奈月ルート決戦前エッチ
奈月を取り戻した以上、決着をつけるべくこちらから打って出ようということに。
ですがその前に、ヴァルキュアを真に覚醒させる「光の鍵」をどちらに使うか決めねばなりません。
ここで奈月を選ぶと奈月ルートに入り、決戦前に想いを確かめ合います……ホントものは言いようですね。
朝日ルートの方はともかく、奈月の方はどう考えてもそんな綺麗なもんじゃありません(笑)。

事務所の屋上で「私を選んでくれて嬉しいです……!」なんて語らっていると、突如苦しみだすヴァルキュア・ムーン。
どこかが痛むわけではもちろんなく、調教されきった体が発情って仕方ないのです。
辛抱たまりかねたムーンはフェンスに手をつき、尻を突き出してオナニーし始めます。
そんな彼女にカメラを向け、シャッターを切りながら、ルナーウィップを使うんだ! とアドバイスするマサキ。
……なんというか、本当にお似合いのカップルですね。

いいだけでオナニーさせたところで挿入し、バックから突きまくりつつパシャパシャ。
これから最後の戦いに向かう正義のヒロインと伝説の勇者の、愛のハメ撮りプレイです。
トドメに失禁絶頂までかましてくれる奈月お姉ちゃんは、本当に高貴すぎますね。

・奈月ルート敗北陵辱
最後のレイドルフ戦に負けるとこのバッドエンドに。
ヴァルキュアの力を封じこめるアイテム、幻魔石の付いた首輪を嵌めらてしまうムーン。
私イチオシの怪人、パンター・ツアンツァさんに幼児のおしっこポーズでアナルファックされます。
ちなみに、パンターさんがここに来ているということは、彼を止めるために残った朝日は……ということを念頭に置くと、より楽しめると思います。

絶望的な状況でも、毅然とした態度であり続けようと頑張るムーンですが、
レイドルフが自分の指をぺろりと舐めて彼女の口へ含ませると、途端に体が疼きだしてしまいます。
なんと、かつての調教により、ムーンはレイドルフの体液全てが強烈な媚薬も同然の体にされていたのです。
それなのに唇を奪われ、ディープキスで媚薬唾液を注がれまくっては堪りません。
開発したクリトリスを転がしながら、レイドルフは自らねだる言葉を迫ります。

一方のマサキはと言えば、リュードミラによる逆レイプというご褒美を賜っています。
憎いはずの男が、この世で唯一最高の男である体にされ、愛した人は幼女に夢中……そりゃ折れるってもんです。
ついにレイドルフのペニスが挿入され、激烈な駅弁サンドイッチファックにヒロインの心と体は溶かされていきます。
半ばコマされながらも、マサキの前でだけはイヤと懇願する健気なムーン。
個人的には、一番彼女が可愛く思えた瞬間でした。

もちろん、悪漢への懇願はつけこまれるだけで、ろくな結果になりません。
「ならば変身を解け」というレイドルフの要求に、マサキの制止も届かず従ってしまいます。
そりゃまあ、ゴスロリ幼女の騎乗位で気持ちよくなりながら言っても、ねぇ?

変身を解かれたヴァルキュアの衣装は、粒子となって幻魔石に吸い込まれ、あとには生まれたままのムーンが残るのみ。
互いに目の前で寝取られ合った主人公とヒロインは、その絆に致命的な傷をいれられてしまうのでした――。
ここに至るまでの奈月の一連のシーンは、見事な連続性を持って積み重なっていて、素晴らしい寝取られ陵辱として結実していると思います。
その分、途中の敗北バッドエンドを後回しにしてでも一気にプレイすることをオススメします。

・奈月エンディング
幸せ新婚生活中のお二人。
妊娠してボテ腹状態の新妻奈月に裸エプロンをさせてのラブラブエッチです。
それはもう「朝日とは何だったのか」と思わずにはいられない発情りよう。
ダークムーン相手にあれほどへたれかましたことも忘れて、ノリノリで言葉責めまでするマサキくん。
一方で、奈月の膣に埋めこまれたままの真珠にもすでに一切思うところはないらしく、
「俺の嫁のナイスオマンコを構成する美点の一つ」ぐらいにしか感じてないらしい彼には尊敬の念を禁じえません。

アナスタシアがお腹の子は女の子だと知らせに来て、「朝日」と名づけようと決めたところで終幕。
嗚呼、真珠に飾られステロイドで鍛えられた絶品肉オナホを産道に生まれてくる朝日ちゃんに幸あれ。


○ヴァルキュア・フレア/桜井朝日
・フェラチオx2
姉の奈月が敵の手に堕ち、のっぴきならない状況に追い込まれた朝日。
マサキの精液なしでは、すでに手も足も出ないことはわかりきっています。
それでも処女を捧げる決心がつかない、至ってまともな感性をしている彼女。
精一杯の頑張りで、フェラチオによるエナジー補給に挑戦です。
写真集撮影用の、真っ赤なセクシービキニで。うん、やっぱりこの子もちょっと高貴(笑)ですね。

・アナル和姦
ヒーローショーの仕事を受けた朝日に、マサキは上の衣装はボディペイント、
スカートの下はノーパンで、クリトリスとアナルにローターを付けた状態でステージに上がらます。
仕事を終えて帰ってきた朝日を茂みに呼び出し、ローター&言葉責めからのアナルファック。

……じっくり読み進めていたはずなのですが、正直どうしてこうなったのかよく分かりません(笑)。
前はまだ恐いから後で、となったらしいのですが、どう考えてもよりハードル高いプレイだと思います。
まあでも、この妹さんもやっぱり思考が高貴すぎるということでいいんじゃないでしょうか。
あるいは朝日ちゃんは処女厨ということで(えー)。
いわゆる「屑市民」な言動をするこのシーンの主人公は、とってもイキイキしてました。

・ウルフ・ツアンツァ
炎属性のヴァルキュア・フレアにとっては、弱点である冷気使い、ウルフ・ツアンツァによる敗北陵辱です。
純潔を大事にしていたことが災いし、怪物によって処女を散らされてしまうという皮肉な結果に。
手足を氷漬けにされ、お尻を突き出すポーズに固められての立ちバック!
フレアの力を吸収する氷によって、炎を出そうとする端から吸収されていく絶望感がいいですね。
絶頂したところで完全に氷漬けにされ、淫靡なオブジェにされてしまう最期も素晴らしい。

・初体験
様々な困難を乗り越え、アイドルとしてもヴァルキュアとしても成長し、マサキとも打ち解けた朝日。
ついに心を決め、その純潔を捧げてくれます。
和姦は守備範囲外な私ですが、このシーンの彼女はとても可愛いと思いました。

・ムービー・ツアンツァ
映画の世界に入り込むという能力をもったムービー・ツアンツァによる敗北陵辱です。
気づけばジャンヌ・ダルクの映画の世界で、ギロチン台に拘束されていたヴァルキュア・フレア。
「魔女だ魔女だ」と騒ぎ立てるモブ男たちに輪姦されてしまいます。
主人公はといえば、やっぱりギロチン台に拘束されており、何の役にも立ちません。
それどころか、処女を捧げた恋人である彼の前で、とフレアを苦しめるのに一役買ってしまう始末です。

マサキに見られながらチンポをしゃぶらされ、犯されるフレア。
従わなければ主人公を殺すと脅され、グラスに溜めた大量の精液を飲まされさえします。
ついには心を折られ、それほどまでに好きだったはずのマサキを貶める言葉さえ嬉々として叫び出すのが白眉でした。

・温泉で3P
息抜きにやってきた温泉旅館で、アナスタシアも交えての3P和姦です。
そんなことをしている間にも、奈月はレイドルフ様にやられまくっているわけですが、いいんでしょうか?(笑)
主人公ではなく、朝日から言い出したあたり、この子もやっぱり高貴すぎます。

・ダークムーン
同性、それも堕ちた姉による妹への拷問調教なダークムーン敗北陵辱です。
まずは両乳首に、そしてクリトリスに10万ボルトの電撃を浴びせられるフレア。
そして異形男根を生やしたダークムーンによって、禁断の姉妹フタナリレズレイプに処されます。

極太なのは当然として、電撃を発するという凶悪な機能を持つペニスは、あまりにも強力でした。
まだ幼く、経験も少ない膣をそんな凶器で苛め抜かれ、なおも頑張ったフレアは褒めてあげたいですが……。
それならば責めの強度を上げるだけと、両耳と舌にまで電撃責めを施されます。
時間の流れが正常ではない魔獄空間で、寝返った姉に延々と責め抜かれては耐えられるはずもなく。

それにしてもこのシーンのダークムーン、声優さんがノリノリで楽しそうです。
やはりはっちゃけた悪役、責め役というのは演じていてもおもしろいんでしょうね。


・朝日ルート決戦前エッチ
夕日の浜辺に立つ朝日の一枚絵とともに、吐露される彼女の素直な気持ちがとても美しいシーンです。
まあ、ついさっき愛(笑)とかのたまって取り返した姉を速攻で捨ててここに至ったことは忘れましょう!
愛のビーチヌード撮影から、愛の浜辺青姦ハメ撮りという冷静に見たらアレな感じなのも忘れましょう!
朝日ちゃんは可愛いです。お姉さんの留守に奪う形になったのは彼女のせいじゃありません。
すべてマサキが悪いんです。いや、ほんとにひどい男だと思いますよ。
「※ただイケ」ならぬ「※ただ勇者」ってヤツなんでしょうか。

・朝日ルート敗北陵辱
レイドルフとの最終決戦に敗北し、力を封じる幻魔石の首輪を嵌められてしまったフレア。
公衆トイレの個室で便器に拘束されて、本来なら歯牙にもかけない雑魚である戦闘員たちに次から次へと犯されます。
聖なる力による避妊効果を無効化され、孕むまで種付けしてやるぜと可哀想なほどズコバコズコバコ……。
それを映像で見せられるマサキ。いい気味です(笑)。
これもやはり、前述の決戦前エッチやそれまでの過程で朝日に萌えているとより楽しめますね。
また、作中で言及はされませんが、設定とお約束からして「ここは任せて先に行け」をやったムーンは
やっぱり確実に無駄死にしてることを念頭に置いても、より味わい深くなると思います。

テーマ : 18禁・美少女ゲーム
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Hシーンの感想文、お疲れ様です。

しかし、記事中でも度々「高貴」と婉曲的に表現されていますが、和姦周りの展開に関して登場人物たちの思考回路が相当ブッ飛んでいますねw 此度の大地震に見舞われて私の精神がハイになっているせいもあるかもしれませんが、記事を読みながら何度か笑わせていただきました。
アダルトゲームの類には造詣が深くない私ですが、田磨さんの感想記事を読む限り、かなり刺激が強いゲームであることは理解出来ますw

> 公衆トイレの個室で便器に拘束されて、本来なら歯牙にもかけない雑魚である戦闘員たちに次から次へと犯されます。
> 聖なる力による避妊効果を無効化され、孕むまで種付けしてやるぜと可哀想なほどズコバコズコバコ……。

この部分。わたし的にモノ凄い神展開かもしれません。
ザコ敵に次から次へと犯されちゃうというだけでもムチャクチャ素晴らしいですが、「聖なる力による避妊効果を無効化」という点が実に素敵。

個人的に、エロ作品における〈避妊具・避妊効果〉という要素は、作中の〈妊娠ピンチ〉の危機感を何倍にも強めてくれるモノだと思うのです。
喩えるなら、映画などの実写作品で登場人物が高所作業をする場面において、〈命綱〉という安全器具の存在が落下死の危険性を却って浮き彫りにし、シーンの緊張感を効果的に高めてくれるかのように。

そういう意味で、「聖なる力による避妊効果を無効化され、孕むまで種付け」という展開には最高に惹かれます。
もしも私が『ヴァルキュア』を購入するとしたら、今回の田磨さんの記事の、この部分に誘われてということになるでしょう。


そして、前回の記事のコメントでお尋ねした〈姉妹の本名〉の件ですが、親切に答えていただき、ありがとうございます。

男の人の多くは、好きな女の子が幼少期から呼ばれ続けている名前であるところの〈本名〉を知りたがるモノだと思っていただけに、本名が明かされない物語が終わるとは意外でした。

Re: No title

> しかし、記事中でも度々「高貴」と婉曲的に表現されていますが、和姦周りの展開に関して登場人物たちの思考回路が相当ブッ飛んでいますねw
ヒロインたちは異世界人ということで納得できなくもないのですが、さすがに主人公は擁護のしようがないです……(笑)。

> 個人的に、エロ作品における〈避妊具・避妊効果〉という要素は、作中の〈妊娠ピンチ〉の危機感を何倍にも強めてくれるモノだと思うのです。
またRev2Dさんも中々に業が深い属性をお持ちですね!

> もしも私が『ヴァルキュア』を購入するとしたら、今回の田磨さんの記事の、この部分に誘われてということになるでしょう。
もしRev2Dさんが購入されたら、主人公のマサキを痛快にメッタ斬ったレビューが読めそうです(笑)。
プロフィール

田磨香

Author:田磨香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。