FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『聖徒会長ヒカル』プレイ感想日記<12> 淫魔学園エンド・ショウエンド

ユキエンドに続き、汎用エンドらしき「淫魔学園エンド」とハッピーエンドにあたる「ショウエンド」を見ることができました。
「淫魔学園エンド」は、セイラまたはユキの中盤調教を7回以上見つつ、他のエンド条件を満たさないこと。
「ショウエンド」は、「保健室3」→「ショウ調教」から「体育倉庫5」を見ることが条件のようです。



○ヒカル「おしゃぶり売春」
体育倉庫で客をとらされてしまうヒカル。1回100円で、唇奉仕の大安売りです。
最初のお客さんは同じクラスの優等生、西田くん。
言動に優等生らしいところなど皆無で、ヒカルの葛藤を他所に、あっけらかんとした若い性欲をぶちまけます。口止めするヒカルは、いやらしい噂が広がることを懸念していますが、今さらすぎる(笑)。
ノルマの10人が終わったところで、陵辱エロゲのテンプレ的な嫌われ者の体育教師が登場。
退学をちらつかせてヒカルにしゃぶらせ、続いて現れた黒沼にも犯されます。
黒沼の巨根を挿入された瞬間、アヘアヘになって抵抗できなくなるヒカルがエロいです。

○ヒカル「肉便器」
拘束され、局部に玩具、卑猥な落書きをされて、公衆便所に放置されるヒカル。
やってくるのは、よく行く商店街の人たち。名前欄が「肉屋」とか「八百屋」なのがほのかな笑いを誘います。
純愛ゲーではどこまでも善良なポジションの人々ですが、陵辱ゲーでは最低の屑なのもお約束。
実に楽しそうに、美少女ヒカルの若い肢体を貪ります。
八百屋さんが膣孔に山芋を突っ込めば、肉屋さんは肛孔にソーセージを突っ込みます。
ちょっと八百屋さん、「有機無農薬だから安心!」ってそういう問題じゃないですから(笑)。

○聖徒会4章
記憶障害でも起こしてないかぎり、心が折れないとおかしいほどヤられまくりの3人ですが、
それでも最後の反撃を企て、奪われた武器とショウの在り処と思われる昭三の屋敷へ向かいます。
堕ちたふりをして油断させ昭三を昏倒させ、鍵を奪って地下へ。
いいところまで行きますが、ヴェゼル登場で立ち向かうも敗北、万事休す。
ここのリョナっぷりがかなり凄いです。戦闘中に片足を折られ、もう片足と右腕を刃で貫通されます。
その傷に、ヴェゼルの操る蛇がもぐりこみ、押し広げて反対側から顔を出します!
利き腕である右腕は特に念入りに破壊され、口から侵入した蛇は肛門から顔を出してさらに子宮へと。
子宮内壁を噛みまくり、強制受胎の呪印を刻む蛇。あまりに惨い陵辱仕置きに悲痛な声をあげるセイラとユキ。
前作ジェリクに比べれば、琴音先生に出番をとられて影の薄いヴェゼルですが、ここぞとばかりに存在感を放ちます。
すいません、正直、設定で強いだけの小物となめてました(笑)。

○「淫魔学園エンド」
いきなり3人が逃げ出したとか慌てている琴音先生。意外にも余裕のバルムス様。
おいおい、さっきまであんなにやられて、メンタルどんだけだよ……と思いましたが、どうやら外部から救出の手が入ったよう。
そういえば聖マリス学園はあくまで養成機関でしたね。当然、他にも対妖魔の戦力はあるわけで。
一人前の退魔師らしい男たちに救出された3人ですが、もはや手遅れ。
魂まで堕ちていた3人は淫魔として覚醒し、助けに来てくれた男たちを逆レイプで吸い殺すのでした……。



○「ショウ調教」
さあ、来ました。ショタです。琴音先生の中の人もテンション上がったという例のシーンですね。
冒頭では潜在能力を発揮して琴音先生に反撃するショウ君ですが、そこは味方キラー変態女教師。
浄化されて正気を取り戻したふりをして、華麗に逆転です。
頑張りも報われず、姉・ヒカルの制服を着せられたショウ君は、琴音先生とヒカルのクラスメイトであるお姉さま方10人に責められます。
姉に発情する変態に仕込もうという最終鬼畜教師、琴音先生。
ショウ君が咥えさせられたヒカルの縞パンは、汗とおしっことチーズの混合臭がするらしく、妙にリアルです(笑)。

○ヒカル「体育倉庫5」
スタートと同時に黒沼と情熱的なキスを交わしているヒカル。心はともかく、体はもうメロメロのよう。
そこにやってくる琴音先生とショウ君。シックスナインを強要され、犯される姉妹。
まだ近親相姦は仕込みの段階ということで、本番はお預けですが、この準備がまた妄想を掻き立てて、ムラムラしますね。

○聖徒会4章
通常と展開が変わってます。
鬼太刀を暴走させ、命を燃やして反撃したヒカルは、見事に鬼頭を討ち果たした、と思いきや。
地下牢に捕われていたショウの体に乗り移り生きていたヴェゼルに、やっぱり敗北します。

○「淫肉鬼責め」
ついに、近親相姦で背徳の子を成す時が来ました。焦らず、まずは仕込みからです。
絵で見る限り、身長20cmほどの小鬼である淫肉鬼に輪姦されているヒカル。
絶頂できなくなる金色のクリキャップを嵌められ、丸一日焦らされます。

○「ショウ種付け」
そして、最愛の弟・ショウ君との本番です。
ショウ君に女物体操服はいいとして、あまり髪を伸ばした意味はないような……。
弟の童貞チンポで孕まされるヒカルの絶望。ここまでの下準備が結実した圧巻のシーンです。

○「ショウ×ヒカル 妊娠1」
しばらくして、授業中のヒカル。って、やっぱりまだ学校には行ってるんですね(笑)。
あまりに激しい陵辱に記憶が不確かなヒカルですが、ツワリの兆候に現実を直視せざるをえません。
トイレから出たところに待ち構えていた黒沼は、ヒカルが自分以外の男の子を孕んだことに憤っています。
狂った愛情の示し方をしますが、妖魔なりに一途なのだと思うと、なんだか好感がもてますね。
ヒカルの方はどこまで体を仕込まれても、心では一貫して嫌いまくってあたりが、特に(笑)。
黒沼にしゃぶらされ、犯されようとしたところで琴音先生の制止が入り、教室へと戻されます。
そして、もうおなじみ、クラスメイトの前での開陳です。
妊娠検査のために放尿を強いられて、結果を待つ間、秘裂・乳首・淫核に付けられたクリップから電撃を流されつつ黒沼に犯されます。
クラスメイトたちに、黒沼ではない男の子を孕んだと報告させられ、おぞましい公開出産を宣言をさせられるヒカルなのでした。

○「ショウ×ヒカル 妊娠2」
すっかりボテ腹になったヒカル。もう立ち絵の制服がすごいことになってます。
あれから毎日、ショウとの近親相姦セックスを強制されているとか。
今日も体育倉庫に呼び出されていますが、行きたいはずもなく。
屋上で一人、絶望を忘れるため、オナニーを始めちゃったところに黒沼登場。
母乳を作り始め肥大した乳房、膨らんだ孕み腹をフェンスに食い込ませて、犯されます。
さらに手下の不良たちが登場し、竹刀でぶたれ、金属バットファックされて、自分の口で子供の父親を
言わされます。
校庭からその様子を見ていた生徒たちにも、弟との背徳の子であると知られてしまうのでした。

○「ショウ×ヒカル 妊娠3」
女子生徒たちから嘲笑の言葉を浴びる臨月腹のヒカル。
弟との子だと噂になっているとか……いや、この後に及んで噂で済んでるのは喜ぶべき幸運だと思います(笑)。
偶然鉢合わせたショウを生徒会室に誘い、フェラをするヒカルはすっかり堕ちているようです。
そこに現れた黒沼はバルムスの本性を表し、堪え性のない奴隷に異空間でお仕置き。
かつてヒカルが屠った妖魔のゾンビと、バルムスに犯され、ショウ君の見ている前でも堕ちた体は大悦びしちゃいます。
二人きりになったあと、お姉さんはボクのものだー! とキレてヤリはじめるショウ君がちょっと笑えます。

○「ショウエンド」
全校生徒の見守る、もとい視姦する中、体育館での公開出産が始まります。
エロエロボンテージで孕み腹には卑猥な落書き、ソファに分娩ポーズで拘束されたヒカル。
司会はもちろん琴音先生です。
ヒカルのブラウスと下着を着せられ、ステージに引き出されたショウ君とヒカルは、姉弟で子を成したことを宣言させられます。
そして集大成、万感の公開出産です。

それが終わると、嫉妬に狂う黒沼は壇上でバルムスの正体を現します。
最愛のヒカルを取り戻そうと、琴音・ヴェゼルに対峙するのですが……乱入したアナスタシアに後ろからグッサリ……。
なんだか憎めない奴だったので、個人的にはとっても残念です。
そして、ついに明かされる全ての秘密……奇跡の逆転勝利!

学園の生徒たちに淫魔たちの記憶はなく、元の生活を取り戻したハッピーエンドなんですが、しっかりと陵辱の爪痕は残っていました。
汚された体の浄化として、毎日ミユキさんに母乳を搾られているというユキ。
半淫魔となったセイラは、痴女化した琴音先生に相手をさせられています……って、いい加減にしろ変態女教師(笑)。
背徳の子と言われようと、最愛の弟と親子3人なら大丈夫と明るいヒカルですが……。
尿道調教の後遺症がひどく、オムツが必須の体となっている上、子宮の浄化としてショウ君との近親相姦を続けねばならない有様です。
しかも、すっかり人が変わっているショウ君に赤ちゃんプレイを強要されており、
どうやらヒカルはこれから弟の性奴隷として生きることになりそうな匂わせ方で、終幕。



ボーイッシュ・天然・真面目・復讐心など、キャラクターが掴みにくかったのと、
他の二人に比べて胸が小さいこと、というかジャンヌセイラが好き過ぎることなどが要因となり、
大好きな黒髪ロングヘアストレートに姉属性、日本刀とど真ん中のはずですが、個人的に期待値は低かったヒカル。
ここまでプレイして、かなり好きになりました。もう搾りとられてます。
メインヒロインだけあり、様々なギミックで構成されているので一見しただけではその奥深い魅力がわからないのは仕方ないこと。
噛めば噛むほど味が出る、スルメのようなグッド辱られヒロインですね。
また、黒沼=バルムス様も好印象。
陵辱ゲーは純愛ゲー以上に、相手となる男キャラが大事なのだと再認識しました。

テーマ : 18禁・美少女ゲーム
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田磨香

Author:田磨香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。