FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠山観光案内④「ひいらぎや」

第4回は、ふたたびお食事処をご紹介します。
神姫グリーンバス「二階町」バス停からすぐにある「ひいらぎや」さんです。
(篠山市観光情報サイト紹介ページ→ひいらぎや

……はい、第2回の「一会庵」さんに続いて、またまたお蕎麦屋さんです。
偏っているのは、まあ、真摯に自分が良いと思った場所を紹介しているということでひとつ(汗)。

また、「どうして篠山で蕎麦なんだ!?」というツッコミもおありでしょう。
「ひいらぎや」さんについては、ご主人の奥さんが出石の方だからです。
10年ほど前までは服屋さんをされていたのですが、
そういう縁からご主人は修業を積まれ、転向されたのです。

さて。
「ひいらぎや」さんの良いところは、まず「旅情」のあるお食事処だということです。
呼出ブザーなんて無粋なものはありませんし、制服もありません。
(ご主人はいかにもお蕎麦屋さんのご主人らしい服装をされていますが)

また、店員さんの接客がお世辞にも洗練されていないのが、私はとてもいいと思います。
きっちりとしたマニュアルにのっとった接客が悪いというのではなく、
今時はそれが当たり前であるからこそ、「旅」という非日常にいることを感じさせてくれるでしょう。

そして何と言っても、お冷ではなく、お茶。
(もちろん頼めばお冷も出してくれます)

それも、「ちゃんとした」お茶です。
夏の麦茶こそピッチャとガラスのコップですが、
(いかにも涼しげなのでこれが正解だと思います)
それ以外の季節では、きちんとした急須に陶器の湯飲みです。

このように「飲食店」ではなく、「お食事処」なのです。
旅先での食事には、ぴったりのお店だと思います。

オススメのメニューは、「手打ち皿そば(冷)」(5皿830円、追加1皿120円)。
薬味に、一般的なわさびとねぎに加え、長芋と岩海苔がついてくるのが特徴です。
これらの薬味を、自分の好みに使って楽しめます。
ちなみに私のセオリーは、最初の2皿はわさびとねぎ、3皿目から岩海苔、4皿目から長芋です。

お蕎麦を食べ終わると、定番の蕎麦湯に加え、「蕎麦かりんとう」が出てきます。
上記の豊富な薬味に、柚子の効いた蕎麦湯を加えると、なんとも言えない美味しさです。

さらに、これに「黒豆ごはん」(350円)を付けるのもオススメです――そう、黒豆!

篠山といえば、黒豆です。
やっと、いかにも「篠山」な食べ物がご紹介できました(笑)。


「ひいらぎや」さんにお越しの際には、苦手な方は本当に苦手かと思いますが、
勇気を出して店員さんに声をかけ、おいしいお茶をおかわりして下さいね。

……あ、今気づきましたが篠山観光案内サイトさんの紹介ページ、
お値段が消費税増税前のままになってますね(汗)。お気をつけくださいませ。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

田磨香

Author:田磨香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。