FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赦す人』感想

赦す人赦す人
(2012/11)
大崎 善生

商品詳細を見る


形式的な付け方をするなら、タイトルは『団鬼六伝』となるでしょう。

団鬼六。

その伝記、ノンフィクションです。
あるいは、「歴史」と呼んでしまってもいいと思います。

SM小説の、いやSM文化のパイオニアであり、大家であり、象徴。
将棋界の大旦那であり、純文学作家でもあり。

まさに巨人。その生涯を描いた本作は、「歴史」と呼ぶに足るでしょう。
しかし、それ以上に本書は、「青春小説」だと私には感じられました。

青春。

放蕩、無頼、無軌道の限りを尽くし、駆け抜けた波乱の生涯。
ひたすらに遊び、遊び、遊び、遊び狂った人生の、凄まじい明るさ。

SMの巨人、団鬼六は、なんという大きな人だったのでしょうか。
その大きさに打ちのめされつつ、また励まされます。

実際のタイトル『赦す人』は、そんな団鬼六を見事に言い表した、
まさに「これしかない!」という秀逸な題名でした。

それにしても。
全くの無計画、どんぶり勘定。めちゃくちゃな金遣い。
飲んで飲んで、奢りまくりの飲ませまくり、遊びまくり。

やっていることだけを見れば、あまりに典型的な破滅するダメ人間の所業です。
読んでいると、ここまで無茶苦茶に生きても人間なんとかなるのかと、
自分の常識の方が揺らぎそうになります。

しかし、よくよく読んで行けば、それも当然だなと納得せざるをえません。
団鬼六はとにかく、どこまでも明るいのです。ひたすらに陽性の人間なのです。

その放蕩は破滅への堕落ではなく、むしろ歓喜の疾走です。
自分が楽しむために、周囲の人間も楽しませようとします。
面倒をみます。とことん付き合います。受け入れます。赦します。

そりゃあ、こんな人は幸せになるよなぁ、と納得させられます。

団鬼六。
縄とペンで稼いだ金を、稼いだそばから酒と女、その他将棋等もろもろにばらまきながら、
たくさんの人々と一緒に、自ら作った時代を駆け抜けた一代の傑物。

その青春。

本当に、よくここまで調べ、書き切ったものだと感嘆しました。
生きていく力を、精一杯生きようという使命感を、そして、生きる希望をもらえる一冊でした。

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

篠山観光案内・号外「丹波篠山・まちなみアートフェスティバル2014」

9月13~15日と、18~23日にかけて、
「町屋が美術館に変わる 丹波篠山・まちなみアートフェスティバル2014」
が催されています。



篠山の代表的な観光スポットである河原町妻入商家群とその周辺の町屋で、
篠山にゆかりのあるアーティストの作品を展示し、イベントタイトルのとおり、
町をそのまま美術館にしよう、という試みです。

実際に展示を見てきた感想としては、「うーん。なるほど! わからん!」です(笑)。
陶器をはじめとした伝統工芸あり、現代アートありとバラエティに富んでいるのですが、
どちらも素養が無く、また頭でっかちで感性に任せられない私にはちょっと難しかったです。

ただ、伝統的な建物群と、伝統工芸の調和&現代アートのコントラストは、
非常にいいコンセプトだと思いました。

しかし、「2014」と銘打たれているということは、毎年恒例のイベントにしていく計画なのでしょうか。
第1回ということもあり、今回はいろいろと、改善すべき点が見受けられました。

まず、イベント会場となっている町屋郡の細い道に、普通に車が通行可能なのはどうかと。
開催中ぐらい、歩行者天国に出来ないものでしょうか。

また、どうにも入り辛い、居辛い展示会場が多かったです。
観光の対象になるような古い建物とはいえ、現役の町屋なわけで。
お店をされているところ、特に喫茶店などだと、
見るだけで出てしまっていいのかな、と思ってしまいます。

それと、常駐されている係の方の応対。
特に態度が悪いとかでは全くないのですが、これらのスタッフさんの努力によって、
入り易い、オープンな印象の演出が必要だと感じました。

あんまり積極的に呼び込みをされてもかえって尻込みしてしまいますし、
熱心そうな方だと、ちょっと見てすぐ出て行くのは気が引けてしまいますし。
そうかといって無関心そうにしているのも態度が悪いように見えるでしょうし……。

具体的な方法論が示せないので申し訳ないですが、
なんとかこう、スッと入り込める雰囲気を作り出して頂きたいなと。


さて。いろいろと苦言を呈してしまいましたが、
篠山の代表的な観光スポットである河原町妻入商家群に、
さらなるプラスアルファが加わり、とってもお得な感じですので、
よろしければぜひ、我が町篠山にお越しくださいませ。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

篠山観光案内⑤「デカンショ祭」

夏です。祭の季節です。
篠山を代表する一大イベント『デカンショ祭』の季節が、今年もやって来ました。

「デカンショ~、デカンショ~で半年暮~ら~す~」のフレーズは、
聞き覚えのある方も少なくないのではないでしょうか?

盆踊りに夜店。提灯に花火。
これ以上にないほどに正統派でクラシックな夏祭りですが、
固有のセールスポイントを挙げるなら、やはり、「篠山城」になるでしょう。

日本の祭は、最中の楽しさ、賑やかさと、
終わったあとの寂しさ、虚しさの落差こそが、醍醐味ではないでしょうか。

祭の喧騒に浮かび上がる石垣の、幻想的な美しさ。
その、胸を締め付ける切ない佇まいは、必見です。

今年は8/15(金)、16(土)に開催されます。
詳細は、丹波篠山観光協会の案内ページなどをご覧ください。













テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

『VORACIOUS ANECDOTE』感想

サークル「黒イ都」さん――そう、黒井弘騎先生ご本人による『聖天使ユミエル』の同人誌です。
内容は、ユミエルの母・マリエルをヒロインに、“丸呑み姦”をフューチャーした小説となっています。
DL販売ページ

食虫植物型の女影魔、「ネペンテスエクリプス」の罠に嵌ったマリエルが、
変身前の真理のまま、濃厚なレズ触手愛撫を受けたのち“丸呑み”にされ、
エクリプスの体内という絶望的な閉鎖環境での肉責、そして――というストーリーです。

あとがきで「趣味全開」と述べられている通り、
フェチズムとリビドーが凝縮された力作となっています。

まず、負け方からして秀逸です。
悠美との触れ合いによって生まれた慈愛の心が裏目に出て、罠に嵌る、という。

いいですよね。
こういう、掲げた正義や、高潔な善意といった美徳が、
敵の手で「ただの間抜け」という結果を与えられ、貶められる――堪りませんな!

責め役が女影魔というのも、私のようなレズスキーには実に御馳走様です。
同性同士の心得た愛撫、というのが実に巧みに描かれていて、大変美味しゅうございました。

中でも、触手で太ももをスマタするように責められるくだりでの、
「同性同士で太ももを絡み合わせるかのような」という比喩が素晴らしいです。
触手に、むっちりとした女の太もものイメージが重なり、さらにそれが触手であることによって、
テラテラと粘液に濡れ光った女の脚の映像が呼び起されるという合わせ鏡のような相乗効果。

メインシチュエーションである“丸呑み姦”へと移行する流れも実に良く。
最初にエクリプスに奪われ、その体内へと呑みこまれた変身アイテムを取り戻すため、
逆転を賭けて、女影魔を挑発し、マリエルの側から誘導するのです。
百戦錬磨の戦士であるヒロインの強さが見事に描き出されています。

そして、そうして一度ヒロインの強さを謳い上げておいてから、それを貶める
というこの黄金コンボですよ。

なんとか取り戻した変身アイテム、そして待望の光臨(ブレイク・ドゥーン)!

……ところが、長時間エクリプスの体内に呑みこまれていたロザリオは、
すでに影魔の邪気に蝕まれ、その聖なる力を失っており。
光臨したのは最強の天使ではなく、ただのコスプレ熟女。

うーん、イイ! イイですな!
この、ヒロインに感情移入してみると極めてシリアスで悲劇的でありながら、
一歩引いて覚めた目で見てみると、なんともお間抜けで滑稽という、この感じ!!
性的なものに留まらぬ、ヒロインの存在そのものへの、アイデンティティへの陵辱です。

こうしてすべての希望を失った哀れなヒロインに、止めの責めが畳み掛けられます。
これ以上は無い閉鎖環境、極限的な監禁状態である“丸呑み姦”全開。
怒涛の肉部屋、触手、粘液責めです。

中でも白眉は、聖気を奪われてコスチュームが縮む、というギミックでしょう。
全身クリトリスなまでに鋭敏になった熟れた肢体は、
縮んだコスチュームの締め付けだけで激悦に悶えてしまいます。
変身ヒロインの象徴たるコスチュームが、浅ましい性玩具と堕すこのシチュエーション。
悲憤するマリエルの心情が丁寧に描写されていて、えげつないことこの上ないです!

最愛の娘、ユミエルこと悠美に助けを求める最後も、正にこれしかないという着地。
また、マリエルママン最大のストロングポイントであるおっぱい
全編を通じて執拗なまでにフューチャーされており、もうおっぱいおっぱい
母乳ビュッビュッミルクチューチューばいんばいんけしからんことになっていました

また、「趣味全開」ということでは挿絵担当・竜胆先生の性癖にも合致していると見受けられ、
美麗かつリビドーの籠ったエロエロな挿絵も必見です。
DL版では、その挿絵がフルカラーになっているとのことで、
実物としての本にこだわらない方には、電子書籍での購入をオススメします。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

篠山観光案内④「ひいらぎや」

第4回は、ふたたびお食事処をご紹介します。
神姫グリーンバス「二階町」バス停からすぐにある「ひいらぎや」さんです。
(篠山市観光情報サイト紹介ページ→ひいらぎや

……はい、第2回の「一会庵」さんに続いて、またまたお蕎麦屋さんです。
偏っているのは、まあ、真摯に自分が良いと思った場所を紹介しているということでひとつ(汗)。

また、「どうして篠山で蕎麦なんだ!?」というツッコミもおありでしょう。
「ひいらぎや」さんについては、ご主人の奥さんが出石の方だからです。
10年ほど前までは服屋さんをされていたのですが、
そういう縁からご主人は修業を積まれ、転向されたのです。

さて。
「ひいらぎや」さんの良いところは、まず「旅情」のあるお食事処だということです。
呼出ブザーなんて無粋なものはありませんし、制服もありません。
(ご主人はいかにもお蕎麦屋さんのご主人らしい服装をされていますが)

また、店員さんの接客がお世辞にも洗練されていないのが、私はとてもいいと思います。
きっちりとしたマニュアルにのっとった接客が悪いというのではなく、
今時はそれが当たり前であるからこそ、「旅」という非日常にいることを感じさせてくれるでしょう。

そして何と言っても、お冷ではなく、お茶。
(もちろん頼めばお冷も出してくれます)

それも、「ちゃんとした」お茶です。
夏の麦茶こそピッチャとガラスのコップですが、
(いかにも涼しげなのでこれが正解だと思います)
それ以外の季節では、きちんとした急須に陶器の湯飲みです。

このように「飲食店」ではなく、「お食事処」なのです。
旅先での食事には、ぴったりのお店だと思います。

オススメのメニューは、「手打ち皿そば(冷)」(5皿830円、追加1皿120円)。
薬味に、一般的なわさびとねぎに加え、長芋と岩海苔がついてくるのが特徴です。
これらの薬味を、自分の好みに使って楽しめます。
ちなみに私のセオリーは、最初の2皿はわさびとねぎ、3皿目から岩海苔、4皿目から長芋です。

お蕎麦を食べ終わると、定番の蕎麦湯に加え、「蕎麦かりんとう」が出てきます。
上記の豊富な薬味に、柚子の効いた蕎麦湯を加えると、なんとも言えない美味しさです。

さらに、これに「黒豆ごはん」(350円)を付けるのもオススメです――そう、黒豆!

篠山といえば、黒豆です。
やっと、いかにも「篠山」な食べ物がご紹介できました(笑)。


「ひいらぎや」さんにお越しの際には、苦手な方は本当に苦手かと思いますが、
勇気を出して店員さんに声をかけ、おいしいお茶をおかわりして下さいね。

……あ、今気づきましたが篠山観光案内サイトさんの紹介ページ、
お値段が消費税増税前のままになってますね(汗)。お気をつけくださいませ。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

田磨香

Author:田磨香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。